地盤改良
  • HOME
  • 地盤改良,HySPEED(ハイスピード工法)のメリット

天然砕石パイル工法 HySPEED工法のメリット

HySPEED工法は100%の自然素材と地盤の特性を上手く利用した環境負荷の非常に小さい環境保全型地盤改良であり、マイホームを建築されるお施主様の「健康」「安全」「財産」を守るとともに、住宅関連事業者様にコストメリットを出していただける工法として、ご提案させていただいております。

地震の衝撃に強い地盤を作る

大きな地震が発生すると地層にせん断力がかかるため、従来のセメントなどによる工法では破損が起こってしまいます。しかし、HySPEED工法で使用する砕石杭は、せん断に追随するため破損することがありません。さらに、地盤そのものを強化できるため共振を和らげる効果も持っています。

先ごろありました十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)、東日本大震災(震度6強)でも岸壁で大きな被害が発生しましたが、砕石を使った地盤改良では大きな被害はなく、現在の工法の中では最適とされています。

永久強度を実現!

直径400mmで掘削し、天然砕石を投入します。砕石を投入するごとにハンマーで圧力をかけて掘削した壁に砕石をくい込ませていきます。最終的には直径 450mmほどの砕石杭が何本もでき、杭周辺の地盤も圧密が促進されるので、地盤全体がマイホームを支える強度を備えることになります。

砕石は約50センチ単位で強度を確認しながら締め固めていくので、施工に狂いがありません。また、パイル形成時の転圧作業で水平方向にも加圧圧縮がかかるため、軟弱な地盤の中でも摩擦抵抗の高い丈夫な砕石パイルが造られ、さらに強い圧力球根が砕石パイルを支えます。
地盤全体が強くなり、施工された杭は建物を再建築の際にも撤去不要で、繰り返し使うことができます。地盤の大幅な変化がない限り、砕石杭は朽ちたり錆びたりすることがありません。そのため地盤は半永久的に保たれます。

住宅保証会社認定工法で更に安心です!

液状化にも強い!

強い地震があったとき、地盤の液状化は非常に怖いものです。砕石パイルはそれ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があり、何本も造られた砕石杭によりその効果は絶大で、地震による液状化を事前にくい止めることが出来ます。

液状化とは、細かい砂が緩く積もった地盤に起こる現象のことで、砂が地震などで圧力の強い水に押し上げられ、支持力がなくなり、液体に近い状態になることです。このときに水と一緒に細かい土粒子を持ち出すため地盤沈下が起こります。

環境にやさしい!

HySPEED工法は、COを排出しません!
原材料からは一切排出する心配がないため、従来の改良工事の場合と比較すると、大幅なCOの削減が見込めます。
従来の工事では、セメントや鋼管を使用しています。
セメントはその製造過程において、1トンあたり723kgものCOが発生し、鋼管の場合は1トンあたり1,640kgという、膨大な発生量にのぼります。

健康への配慮!

セメントを使った地盤改良は、非常に危険な発ガン性物質「六価クロム」が発生する可能性があります。

HySPEED工法は、天然砕石のみを使用しているため、六価クロムなどの有害物質が発生する心配は一切ありません。

また、天然砕石のみを使用した地盤改良であり、地中の埋設物(産業廃棄物)扱いにはならないので、不動産売買のときにも取り除く必要はありません。将来、建て替えをすることがあっても、同程度の建物であればリユースすることも可能です。つまり、繰り返し使えることで、地球環境にも優しく、さらに大切な土地の資産価値を下げることはないといえます。

このページの上部へ