地盤改良
  • HOME
  • 地盤改良,HySPEED(ハイスピード工法)

新しい地盤改良 HySPEED工法

地盤改良工法『HySPEED(ハイスピード工法)』とは、セメントなどの固結材を一切使わずに、砕石という天然素材だけを利用して軟弱地盤を改良する工法です。

空港の滑走路などの大型工事で採用されているサンドコンパクション工法やバイブロフローテーション工法を、宅地用に施工機器を小型化してローコスト化に成功した工法です。

健康・財産・環境を守る、新しいエコ地盤改良工法

従来の地盤改良ではセメントなどの固化材を用いるのが一般的でした。しかし、それによる土壌汚染や資産の目減りなど問題点が多々あります。

HySPEED工法は砕石と空気しか使いません。
砕石はリサイクル砕石ではなく、自然石から作られる砕石を使用しています。

100%の自然素材と地盤の特性を上手く利用した、環境負荷の非常に小さい環境保全型地盤改良であり、お施主様の「健康」と「資産」を守る地盤改良工法でもあります。


代表的な特徴
(1) 土壌汚染・地下水汚染ゼロ
(2) CO2削減量大(他工法比較による)
(3) 地価下落なし(将来の撤去不要)
(4) 液状化防止効果
(5) リユース・リサイクル

株式会社アースフレンドカンパニーは、ハイスピードコーポレーション株式会社よりスペシャルエンジニアとして認定されています。

hyspeed工法登録証書


認定証

認定証


このページの上部へ