断熱システム
  • HOME
  • 断熱システム,タイトモールド工法

住宅基礎工事タイト・モールド工法

住宅の基礎ってどれも同じ!って思っていませんか?

冬にスリッパを履かずに歩いた時、床が「冷たい!」っと思ったことはありませんか?
これは基礎にしっかりとした断熱がされていないため、床下に冷たい空気が流れこんでいるからです。
床が冷たければ部屋全体の温度も下がりますから、床暖房やエアコンをつけたりと、光熱費がかかります。
家の断熱性、省エネ性は実は全て基礎次第なんです。

そこで、私たちは、「基礎断熱」をおススメします。

基礎断熱とは?

昔の家は「布基礎」と呼ばれる基礎が使われていましたが、現在は「ベタ基礎」が主流になっています。


ベタ基礎は大量のコンクリートを使いますが、コンクリートは蓄熱(畜冷)性が高く床下の環境が室内の環境に大きな影響を与えます。
冷たい外気温が基礎から床下のコンクリートに伝わり、冷気が長期間留まってしますので床下は冷たくなってしまいます。

そこで、開発されたのが「基礎断熱」です。
基礎断熱は基礎のコンクリート自体を断熱材で覆うため、コンクリートに熱が伝わりにくく、温かい床下空間を作ります。

しかし、基礎断熱にも2 種類の方法があります。
それは、基礎の内側に断熱材を入れる方法と外側に入れる方法です。


断熱材を基礎の内側に入れた場合、建物外部の熱がコンクリート躯体を通じて、建物内部に伝わります。つまり床断熱と同じで、コンクリートが冷えることによって床下空間も冷やされてしまい、部屋の温度が下がってしまいます。

 

「外側基礎断熱」を取り入れたタイト・モールド工法の場合、熱が躯体コンクリートを伝わるのを防ぐので、床下空間を一定の温度に保つことができるのです。

自然エネルギーを利用できる外側基礎断熱

太陽熱エネルギーが利用できる!

冬の日差しは家の中まで入ってきます。床に伝わった太陽熱エネルギーは床下に伝わり、基礎コンクリートに蓄熱されます。

蓄えられた熱は夜間に「放熱」され、床下から家の中が暖められます。

地熱エネルギーが利用できる!

地面の温度は、1 年を通じてほぼ一定に保たれています。

この地面の温度が、基礎を伝わって床下空間に伝わると、夏涼しく、冬暖かい空間が生まれます。


このページの上部へ