木造劣化対策工事
  • HOME
  • 木造劣化対策工事、ボロンdeガード工法施工の流れ

ボロンdeガード工法 施工の流れ

木造住宅の弱点でもある「腐れとシロアリ」。
これらをきちんと制御しないと住宅の寿命が短くなってしまいます。
“木造住宅を長生きさせる” ボロンdeガード工法の施工の流れをご紹介します。

【新築住宅の施工】

まずはご相談

ご都合の良いお時間に合わせて専門スタッフがお伺いいたします。
相談は無料です。

施工方法

① 標準処理

床下と床上1mまでの木部をすべて処理します。
(仕上がりで見えるところは処理しないこともあります。)

② 1階全部処理

標準処理に加えて2階の床板の下面までのすべての木部を処理します。
(仕上がりで見えるところは処理しないこともあります。)

③ 全構造材処理

1階全部処理に加えて小屋裏、野地板の下面、軒までのすべての木部を処理します。
(仕上がりで見えるところは処理しないこともあります。)

お見積り

決定した施工方法で、平面図を基にお見積りを作成いたします。

施 工
(標準処理)

1回目(床先行工法の場合)

土台・大引きなどの木部処理

床下地板、スペーサーなどの両面を処理。

配管の基礎貫通部分の処理。

基礎立ち上がりの内側。

2回目(棟上げ後)

壁面用面材の処理(床から1m)

管柱、間柱、筋交いの処理(床から1m)

玄関、水回りは2階床組み下端まで。

1階全部処理。標準処理に加えて。

2階床下地板までのすべての木部。

全構造材処理。1階全部処理に加えて。

2階部分のすべての木部。

小屋裏、野地板下端。

軒までの処理可能なすべて木部。

施工完了。

保証書発行

最長15年間の保証が付きます。
(適用条件有り)

【既存住宅の施工】

まずはご相談

ご都合の良いお時間に合わせて専門スタッフがお伺いいたします。
相談は無料です。

調 査

床下調査
写真中央部の土色の縦線が蟻道
(シロアリの通り道)です。

お見積り

調査の結果をもとに、施工範囲、被害の有無により
お見積りを作成いたします。

施 工

床下の処理。

保証書発行

最長5年間の保証が付きます。
(適用条件有り)

このページの上部へ